新しい幕開けの年、今年の入社式が、4月1日に行われました。
毎年、毎年、本当にこの入社式は、大変に感慨深いものが有ります。
今年も、感動、涙あり、笑いありの記憶に残る一日となりました。

特に歓迎会内での新旧の出し物はクヲリティーも非常に高く、いいものを見させてもらいました。

ありがとうございました。

社会人、入社1年目というのは、人生でたった一度しかない大切な経験、その後の人生を左右するその最初の切符だと思います。
私も、やはり30年前、平成元年に新入社員として都内の旅行会社へ入社させていただき、様々なことを学ばせていただき、その後、父の元で大工として修行をさせてもらい、リフレットという住宅リフォームの会社を21年前に創業させていただきました。

どの経験も「両親、上司や同僚、親方である父の存在があって、今の自分が有るのだ」という想いが非常に強く、感謝の気持ちを忘れずに仕事に取り組んできたつもりです。

そのような経験や考えからも、彼らは、社会から預からせていただく大切な財産と思い、世の中のためとなる人材に育ってもらえるように、親になったつもりで最大限力を注いで行きたいと思っております。又、それが自分の最も大切な仕事と思っております。

会社とは、働くことを通じて自己実現ができ、まずは個人の幸せで充実した人生となれるために有る場所だと思います。そして、厳しい時代だからこそ、仲間同士の絆、チームワークが最も大切だと思います。社員一同、新入社員皆の幸せな将来を一緒に考えて、時に厳しくも愛情をもって親子、家族になったつもりで共に歩んで行きたいと思っております。

ありがとうございます。

20190401event-1
20190401event-3
20190401event-4
20190401event-5
20190401event-6
20190401event-7
20190401event-8
20190401event-9
20190401event-10
20190401event-12